イラレ老師

llustrator “プロの基本”

12. ベジェ曲線

本来であれば最初に取り上げるべき項目なんだけど、ここから入門すると気持ちがなえてしまう人が多いから、あえて少しあとに持ってきたよ。 ■ アンカーポイントの数は必要最低限にする。■ ベジェ曲線をマスターするには、繰り返し練習する...
llustrator “プロの基本”

11. オブジェクトの整列

オブジェクトを整列させるときのポイントは、「整列の基準がどこになっているか」ということと、「キーオブジェクトを指定する」ということの2点だ。 ■ 整列の基準が「選択範囲」、「キーオブジェクト」、「アートボード」のどれになってい...
llustrator “プロの基本”

10. 画像の配置(写真の挿入)

「画像の配置」って言うと、ちょっとピンとこないかもしれないけれど、要は「Illustratorのデータに写真などの画像を貼り付ける」っていうことだよ。 貼り付けるものは「写真」とは限らないから「画像」と呼んでいて、Illustra...
llustrator “プロの基本”

9. カラー(色)

オブジェクトに色を付けるにはさまざまな方法があるから、「これが正しいやり方」ということはなかなか言えないんだ。ここでは参考として、ワシが印刷を前提としたデータに色を指定するときの方法を紹介するよ。 ■ 印刷物のカラーはカラーチ...
llustrator “プロの基本”

8. 文字組み

初期のバージョンでは、文字組みの機能が不十分だったり、大量の文字を組むと動作が重くなったりしていたけれど、今は組版機能が充実してきているよ。 4ページくらいのパンフレットであれば、ワシはIllustratorで作ってしまうことがほ...
llustrator “プロの基本”

7. 前面背面・レイヤー

「前面・背面」と「レイヤー」については、まとめて説明してしまったほうがいいだろうな。ついでに「ロック」と「非表示」のこともな。 ■ レイヤーの数は必要最低限にする。■「ロック」と「非表示」に注意する 前面と背面 Il...
llustrator “プロの基本”

6. オブジェクトの移動・複製

「移動や複製くらいならできるよ」って、このページを閉じようとしただろ? 一応読んでみたほうがいいと思うぞ。 ■ 移動では[shift]キー、複製では[option]キーを利用する。■[command]+[D]で連続複製ができる...
llustrator “プロの基本”

5. 座標・変形

イラストなんかを描くときには、一つ一つのオブジェクトのサイズを気にしないことが多いけれど、デザインをするときには、位置やサイズを正確な数値で描く必要があるよね。 ■ アートボード上で座標の原点を最初に決めておく。■ オブジェク...
llustrator “プロの基本”

4. ズーム・手のひら

表示を拡大・縮小したいときや、表示される位置を動かしたいときは、キーボードで操作することを習慣づけておくといいぞ。些細なことのようだけれど、作業効率がまったく違ってくるからな。 ■[ズームツール]と[手のひらツール]はキーボー...
困ったときは

透視図(パース)が消えない

いらぽよ 2点透視図みたいなやつが出てきて、消えなくなっちゃったよぅ。 イラレ老師 [遠近グリッドツール] をクリックしたか、[shift]+[P]でも間違えて押したのかな?[表示]メニュー→[遠近グリッド...
スポンサーリンク